ここに書いている内容は私見であることをご了解いただきたい。

カメラの心臓と知られている、イメージングデバイスで世界シェアNo.1でも完成品から撤退する理由。

 

中国製の10000円のカメラにもSONYのイメージングデバイスは使われている。

これが意味するところはイメージングデバイスだけで製品の差別化はできない。

 

では、何が優劣をそれはコントロールチップ。

最近の高付加価値、例えばAIなど。 これを自社開発出来ないとビジネスとしてうまみは無い。

また、出来たとしても、その評価は一夜にして世界中へ。

 

しかし、SONYはMicrosoftと組んでAIチップを組み込んだイメージセンサを開発発表している。

マーケットはズバリ車両向け。

 

では、私見でした。

貴方の求めるソリューション必ず見つかります。お気軽ご相談ください。 

                         クロイ   ハクイ

フリーダイヤル 0120-961-891 (黒い-白衣)