VPNとマルチキャストのことを話たい、今回は、第四弾。

マルチキャスト ルーティング プロトコル事実上の標準

Protocol Independent Multicast(PIM)は「そのとき限りの」アプローチを使用するのではなく、標準のユニキャスト ルーティング テーブルを使用してIPマルチキャスト トラフィックを転送するように設計されています。PIMはユニキャスト ルーティング テーブルを使用して、IPマルチキャスト パケットが送信元からの最適パスで着信したかどうかを判別します。RPFチェックと呼ばれるこのプロセスは、特定のルーティング プロトコルに依存せず、ユニキャスト ルーティング テーブルの内容に基づいて行われます。PIMプロトコルには、Dense Mode(DM)およびSparse Mode(SM)の2タイプがあります。

1. PIM Denseモード(DM)

PIM SMのほうが効率的なマルチキャストであることが実証されたので、L3上で設定可能ですが、事実上、PIM DMは現在ではあまり使用されていません。

2. PIM Sparseモード(SM)

PIM SMは何年にもわたって機能拡張された結果、試行的なスタンダードからドラフト スタンダードに進化し、現在、最も普及しているマルチキャスト プロトコルです。PIM SMは最初、共有ツリーを使用しますが、最終ホップ ルータが選択した場合に送信元ツリーに加入できるようになっています。データを最適なパスで転送しながら、データのフラッディングと関連するリソースの浪費を防止できる、効率的な方式です。

アプリケーションでIPマルチキャストが使用されることが多くなったために、次回は2つの新しい配信パラダイムを説明します。

貴方の求めるソリューション必ず見つかります。お気軽ご相談ください。 

                        クロイ   ハクイ

フリーダイヤル 0120-961-891 (黒い-白衣)