VPNとマルチキャストのことを話たい、今回は、第三弾。

マルチキャスト ルーティング プロトコル

歴史上でIPマルチキャストと連携させるためのルーティング プロトコルがいくつか開発されました。これらのプロトコルは、IPマルチキャスト トラフィックごとのルーティング テーブルを個別に必要とする、「そのとき限りの」アプローチを使用していました。

1. DVMRP
Distance Vector Multicast Routing Protocol(DVMRP)は最初のマルチキャスト ルーティング プロトコルであり、送信元ツリー ルーティング プロトコルの一例です。

2. MOSPF
Multicast Open Shortest Path First(MOSPF)はマルチキャスト ルーティングとOSPFの併用を試みたプロトコルです。これも、送信元ツリー ルーティング プロトコルの一例です。

3. CBT
Core Base Trees(CBT)は、共有ツリーを使用してマルチキャスト データを配信するように設計されましたが、試験用ネットワーク以外に実装されることはありませんでした。

正直言えば、今のスイッチは、多分「DVMRP」の設定オプションまだ見られますが、他の二つはメーカがあまり実装されない。次回、事実上によく使用されている標準を紹介します。

 

貴方の求めるソリューション必ず見つかります。お気軽ご相談ください。 

                        クロイ   ハクイ

フリーダイヤル 0120-961-891 (黒い-白衣)