少し中国監視カメラ市場の話

今日、ネットでちょっと昔のニュースを見ました。
今年2月の中旬頃、キヤノンは中国の監視・防犯カメラ市場に本格参入すると発表した。一眼レフカメラで培った高画質を特徴にして3年内をめどに20機種前後を発売する。中国では政府や企業の安全対策ニーズが高まり、監視カメラ市場は年1~2割の成長が見込める。キヤノンは5年以内に30%の1位シェア獲得を目指す。

5年以内、30%だとちょっと主観的に言い過ぎですが、中国市場の成長性の予測は間違いないと思います。特に、近年でデジタルの市場が急成長になっています。

2年前、私が話した中国重慶市で「平安重慶」という監視システム・デジタル化建設プロジェクトが始動。当プロジェクトは2013年末までに50万台の設置を目指している。この大型なシステム建設を受注したのは米シスコと中国のHIKVISION社、中国政府の年々増加する治安対策費がお金を出してくれます。

これは、単純にただ一つの都市ですが、投資額は計150億元(約1880億円)となっている。中国全土に分布する600余りの都市のセキュリティを強化する「平安都市建設」プロジェクトに注力している。このプロジェクトでは,治安と交通の管理,公共場所と公共施設の監視,自然災害や衛生環境の整備など多方面に渡る取り組みが必要である。その規模は,2兆5000億円(250億米ドルを100円/米ドルで換算)に達すると見られる。

ちょっと皮肉ですが、まるで中国セキュリティ市場の事実上の推進者は中国政府自身ですね。

貴方の求めるソリューション必ず見つかります。お気軽ご相談ください。 

                        クロイ   ハクイ

フリーダイヤル 0120-961-891 (黒い-白衣)