消防法: 検定合格品でないものは、販売し、販売目的で陳列し、又は工事に使用することを禁止されています。 協会は、消防法上の検定機関として検定業務を行っています。

aiROKUの監視カメラを使った煙、炎検知は消防上の機器ではありません。必ず消防法上を遵守した上での補完としてご利用ください。

火災検知–自動スポッティングと炎への反応

"aiROKU"の顔認識は、カメラのライブストリームで人の顔を自動検索したり、検出された顔をリアルタイムで認識したり(検出された顔とデータベースの顔を比較したり)、選択した個人を追跡したり、既知または未知の人に反応したりするための強力で手頃なツールです。

特別な機材は必要ありません:

一般的に市販されているコンピュータと、どんなカメラでも使用できます。ただ、画像が鮮明であることが必要です。

シンプルでフレキシブル:

簡単に設定でき、他のモジュールや外部のセンサー、デバイスと連携して動作させることができます。様々な反応が可能。

リアルタイムのファーストハンド:

遅延のないリアルタイムモードでライブフィードを扱うことができます。

手頃な価格のソリューション: aiROKU Pro Editionに含まれています(カメラ1台あたり平均円)。これは、先行してリリースされた「Smoke Detector」を補完するものです。追加ライセンスを購入する必要はありません。


 

代表的な使用例

自動火災検知は、火災の緊急事態に対処するための貴重な手段です。"aiROKU" System for Video Cameraの新機能である自動火災検知機能は、他の消火対策と併用することも、単独で使用することもでき、火災を素早く検知することができます。複数の反応があれば、すぐに緊急の通知を受けることができ、火元の特定、消火、そして最も重要な従業員、訪問者、動けない患者を適時に避難させるための対策を講じることができます。

 

"aiROKU" 20.11.30からは、従来の煙検知機能に加えて、火災検知機能が追加されました。高度な専門機器を必要とせず、簡単に設定できるこのAI機能は、個人や商業環境、危険区域、日常生活の中で使用することができます。詳細は以下の通りです。

 

爆発性・可燃性物質の取り扱い

 

可燃性化合物や爆発性機器など、潜在的に危険な物質を取り扱ったり保管したりする企業では、従業員の安全確保が常に最優先事項であり、最大の課題となっています。

 

安全レベルを最大限に高めるために様々な対策が取られていますが、健康や環境への影響を考えると、どのような対策も無駄にはなりません。

 

"aiROKU"のビデオカメラシステムに搭載されている火災探知機の機能は、24時間365日、休むことなく、疲労することもなく、気が散ることもなく、カメラの画像を分析します。そのため、産業分野では、わずかな価格でセキュリティシステムに追加することができます。

 

ガソリンスタンド、原子力発電所、各種プラント、ガソリンやその他の可燃性液体の貯蔵庫などに最適です。

 

可燃性化合物や爆発性機器など、潜在的に危険な物質を取り扱ったり保管したりする企業では、従業員の安全確保が常に最優先事項であり、最大の課題となっています。

 

安全レベルを最大限に高めるために様々な対策が取られていますが、健康や環境への影響を考えると、どのような対策も無駄にはなりません。

 

"aiROKU"のビデオカメラシステムに搭載されている火災探知機の機能は、24時間365日、休むことなく、疲労することもなく、気が散ることもなく、カメラの画像を分析します。そのため、産業分野では、わずかな価格でセキュリティシステムに追加することができます。

 

ガソリンスタンド、原子力発電所、各種プラント、ガソリンやその他の可燃性液体の貯蔵庫などに最適です。

家庭での安全性(個人使用)

 

ほとんどの家庭には、発火源となりうるものがあります。暖炉やガスコンロのように固定されているものもあれば、ロウソクや花輪、ヒーター、その他の電気製品のように移動するものもあります。

 

適切な操作をすれば、これらの機器で緊急事態が発生することはないはずですが、正直なところ、人は間違いを犯します。例えば、キャンドルを風に揺れるカーテンのある窓際に置いてしまったり、ヒーターを乾かそうと濡れたタオルをかぶせたまま忘れてしまったり。ましてや、配線やガス管の故障などは、本当に予見できないものです。

 

そんなとき、"aiROKU"の自動火災検知器は、火災を素早く発見し、スマートホームシステムと連携して、消火活動の開始や消防隊の出動を知らせてくれます。あるいは、あなたに通知して、あなたが次の行動を決めるようにすることもできます。


企業や自治体組織(学校、病院など)の火災認識について

 

防火対策は、企業や事業を運営する上で必要な条件です。防火対策が不十分であったり、効果がなかったり、その他のセキュリティ違反があると、罰金や営業停止、最悪の場合は真の災害につながることもあります。

"aiROKU"の強みは、多目的ソリューションであることです。「Fire Detector」は、他の100種類以上のビデオ分析機能とともに、セキュリティの向上に使用できるため、あらゆる組織でさまざまな方法で使用することができます。

 

ショッピングモール、学校、レストラン、病院、工場、駐車場、倉庫などに最適です。

オープンスペース、広大な州の領土の安全性

 

懐疑的な人は、「おいおい、山火事は巨大だから見逃せないよ」と言うかもしれません。しかし、それは山火事がすでに壊滅的な規模に達してから見るからに他なりません。他の火災と同様に、森林火災も最初は小さく、雪だるま式に1分ごとに比例して大きくなっていきます。下草や乾いた草の中にある火をできるだけ早く検知することで、数マイル幅の火を消すのに比べて、消火のコストは何倍にもなります。

 

"aiROKU"の「火災検知」は、広大な自然保護区や公園、集落の近くにある森林帯などの火災を検知し、可能な限り火元を発見して消すのに役立つ、唯一の適切な(価格も含めた)選択肢かもしれませんね


消防法: 検定合格品でないものは、販売し、販売目的で陳列し、又は工事に使用することを禁止されています。 協会は、消防法上の検定機関として検定業務を行っています。

aiROKUの監視カメラを使った煙、炎検知は消防上の機器ではありません。必ず消防法上を遵守した上での補完としてご利用ください。

貴方の求めるソリューション必ず見つかります。お気軽ご相談ください。 

                        クロイ   ハクイ

フリーダイヤル 0120-961-891 (黒い-白衣)