"aiROKU"は、NVidia社製グラフィックカードのCUDAハードウェアアクセラレーションに対応しています。

ビデオ監視システムをより良く動作させるために、どのグラフィックカードを選べばよいかという質問をよく受けます。そこで、当社の技術者が推奨するモデルをリストアップすることにしました。

 

Asus GeForce GTX 950(またはそれ以上、ただしH264のデコード速度には影響なし)。このオプションの欠点は、十分なビデオメモリがないことです。つまり、解像度によっては510fpsではなく250fpsしか出ない可能性があります。

4096MB(!)のビデオメモリを搭載したAsus GeForce GTX 960。

Asus GeForce GTX 1060は、少なくとも6144MBのビデオメモリを搭載しており、GTX 960よりも1.5倍高速です。

8192MBのビデオメモリを搭載したAsus GeForce GTX 1070。

まとめとして、以下のモデルとその優位性を紹介したいと思います。

 

価格と品質の面で最良の選択肢は、最低でも6144MBのビデオメモリを搭載したAsus GeForce GTX 1060だ。30fpsのFull-HDで最大25のビデオストリームが可能になります。また、10fpsでは最大75個のカメラを使用できます(ただし、十分なビデオメモリがあるかどうかを確認する必要があります)。

予算に余裕があれば、8192MBのビデオメモリを搭載したAsus GeForce GTX 1070を優先したほうがいいでしょう。この場合、より多くのカメラを接続することができます。なぜなら、1060はビデオメモリのサイズによって制限されているからです。理論的には約750fpsのフルHDを実現し、900シリーズ(510fpsのフルHDのみ)の1.5倍の速度となります。

30fps Full-HDのGTX 950は、8本(最大16~17本)のビデオストリームを持ちます。

GTX 960 4GBの30fps Full-HDでは、最大16~17のビデオストリームがあります。

解像度やfpsを下げると、それに比例してカメラの数も増えます。

 

CUDAによるデコード時にもRAMが消費されるため、コンピュータには十分なRAMが必要です(Full-HDストリームで約140~200MB)。最低でも16GBあることが望ましいです。理論的には、6GBで40-42台のカメラ、8GBで55-57台のカメラに対応できます(fpsは少し低下します)。そうしないと、ビデオカードの速度が足りなくなります。

貴方の求めるソリューション必ず見つかります。お気軽ご相談ください。 

                        クロイ   ハクイ

フリーダイヤル 0120-961-891 (黒い-白衣)