このモジュールは、カメラの視野内の人の顔を検出するためのものです。これは、いるべきでない場所にいる人の過剰な存在を検出したり、逆にスタッフが不足しているかどうかを検出したりするのに使用できます。

 

顔認識は、ライブビューやアーカイブで特定の人を探すのに役立ちます。顔認識を機能させるためには、事前にトレーニングを行い、後から認識される人物の顔を追加する必要があります。顔を追加するには、カメラの画像を使ってリアルタイムで行う方法と、アーカイブの再生中に行う方法があります。詳しくは、「顔検出器の設定での顔認識に関するヘルプ」をご覧ください。

 

また、「プライバシーマスキング」モジュールと組み合わせることで、カメラに映っている人物の顔を動的にぼかすことができます。

 

革新的な新機能。マスク検出 - 医療用保護マスクを着用している人、していない人を自動的に検出するオプションです。

 

顔検出について詳しく見る

 

 

"aiROKU"は、カメラで人の顔を検出し、特定の顔を認識することができます。"aiROKU"はその柔軟性が特徴であるため、「顔認識」にも複数の方法が用意されています。両方のオプションは互いに独立しており、別々のデータベースを持っていることに注意してください。

 

顔認識は、その範囲内にいる人の全リストを保存することもできます。この機能は、スタッフの行動を監視したり、不法侵入を防ぐ自動セキュリティシステムを構築する際に特に役立ちます。また、人数が少ない場合は無視するように設定したり、一定の人数を超えると録画を停止するように設定することもできます。通り過ぎるだけの人をカメラに検知させたくない場合。"aiROKU"が人を見間違えないようにしたい?

 

 

これは、「顔認識」モジュールを介して行うことができます。プレビューとアーカイブ "に接続されるようにチェーンに入れてください(これは適切な動作を保証するために不可欠です)。

 

 

これをクリックすると設定画面が表示されます。カメラの視野に入ってきたすべての顔を検出するようにしたい場合は、「リアクションタイプ」ブロックで「任意の顔に反応」を選択します。また、トリガーとなる顔の最小数をスライダーで設定することもできます(特定の場所が混雑しないようにしたい場合は高く設定してください)。詳細設定では、カメラの視野内のどの領域に顔が含まれるかを選択できます(「モーション検知」と同様)。また、顔認識の範囲を変更することもできます。例えば、カメラを狭い場所に設置していて、常に人の顔がカメラの近くにある場合は、範囲を「短」または「中」に設定するとよいでしょう。コンピュータビジョンは、人の顔に似たオブジェクトをたくさんチェックするため、距離が長くなるほどCPU負荷が高くなります。

 

 

オプション1. 顔認識、オプション "画像の統計的分析"

 

この方法は、平均認識成功率が75%と、よりシンプルなものと考えられます。ブティック、オフィス、ホール、ショッピングモールなど、照明が均一で人物の顔が鮮明に映っている屋内で使用すると、最高のパフォーマンスを発揮します。

このオプションはXeoma PRO版に含まれており、追加ライセンスは必要ありません。このオプションでは、データベースに登録できる顔の数に制限がないため、顔の数が多い場合にはオプション2よりも安価になります。

 

カメラに特定の顔を認識させる必要がある場合、Xeomaはそのためのトレーニングを行うことができます。これには2つの方法があります。

 

1)「顔認識」の設定で、人物の名前(またはその他のID)を入力し、保存したい顔がカメラの視野内にあるときに「人物認識を訓練」をクリックします。Xeomaはこの顔をデータベースに追加し、名前(またはID)を添付します。同じ顔の写真を100枚まで追加できるので、より確実な認識が可能です。それ以上追加すると、以前の写真が上書きされます。

貴方の求めるソリューション必ず見つかります。お気軽ご相談ください。 

                        クロイ   ハクイ

フリーダイヤル 0120-961-891 (黒い-白衣)