GDPRコンプライアンスに対応できるか?

2000 万ユーロか、全世界の総売上の 4% の高額な方を上限とする莫大な罰則金。 

神社仏閣ほか各種施設が英文(外国語)のホームページをもっている施設では上記罰則金が発生する可能性があります。

 

従来はデータが漏洩しなければという概念でしたが、この考えはGDPRでは反則となります。データを取り込んだ段階での対策が必要です。

 

その答えは動的なプライバシーマスキングです。 一般企業でも公開施設などで注意が必要です。そこに欧州の人が来ない事が保証されない限り。

 

Genetec Security Center

 

KiwiSecurityGenetec Privacy Protectorモジュール、権威のある欧州のプライバシーシール再認定