ビデオ映像はGDPRコンプライアンスに対応できるか?

 

GDRPは、The General Data Protection Regulation の略で、これまでEUで施行されていた一般データ保護指令が一新され、より厳しくデータ管理の方法や基本的権利について定めた法律です。

 

2018年5月25日(金)から施行され、これまでの法律と違い、法的強制力(罰則等)も付加されます。

 

また、EUの規則ですが、EU内の個人に関するデータを収集する場合には、日本にあるようなEU圏外の企業も例外なく対象となります。

 

 

つまり、日本から輸出や通販の他、旅行や宿泊等の予約により、EU内の人に有償/無償のサービスを提供している場合日本国内でデータ管理(PII)をしていてもGDPRに沿ってデータを管理する必要があるのです。

 

違反の罰則金が2000 万ユーロか、全世界の総売上の 4% の高額な方を上限とする莫大です。

ホテル、行楽施設、ほか多数の施設が対象となる可能性があります。

英文(外国語)のホームページ、媒体をもって勧誘している施設では上記罰則金が発生する可能性があります。

 

欧州連合の一般的なデータ保護規制、またはGDPR、、、処理を収集 、保存、およびEUの居住者の個人を特定できる情報(PII)を送信するためのルールセットです。

 

物理的なセキュリティシステムによって収集されたデータの多くは、ビデオ、カード保有者の活動や情報、およびナンバープレート番など、PIIと見なすことができます。

 

 

従来はデータが漏洩しなければという概念でしたが、この考えはGDPRでは反則となります。データを取り込んだ段階から記録、その取扱い対策が必要です。

 

その答えは動的なプライバシーマスキングです。 一般企業でも公開施設などで注意が必要です。そこに欧州の人が来ない事が保証されない限り。

 

実際の所はまだまだ分かりませんだ対策を講じる事は無駄な投資にはならないと考えます。

KiwiSecurityのGenetec Privacy Protectorモジュール、権威のある欧州のプライバシーシール再認定

ダウンロード
ヨーロッパ人以外のGDPR
ヨーロッパ人以外の為の詳細な解説
EN-guide-gdpr-for-non-europeans.en.ja.pd
PDFファイル 1.3 MB
ダウンロード
動的プライバシーマスキング
日本語データシート
EN-Genetec-KiwiVision-Privacy-Protector-
PDFファイル 799.0 KB
ダウンロード
ヨーロピアンプライバシーシール
日本語解説
Genetec-Privacy-Protector-Module-from-Ki
PDFファイル 566.1 KB

FAQ

Q. 先生、この法律の地域的範囲を明確にすることはできますか? 私はそれが、会社がどこにあるかにかかわらず、EUに住むEU市民のデータを処理する企業を対象としていることを理解しています。 EU市民がEU外に居住している場合、またはEU外の国を旅行している場合はどうなりますか? このデータを処理する企業はまだ法律に拘束されていますか?

 

A. こんにちはひろし、良い質問。 GDPR自体は実際に市民や住民の言及をしていない。 「連合国のデータ主体」(第3条)のデータを処理するすべての企業を対象としている、EU外のEU市民の個人データを処理する企業のようには見えません。しかし、外国人または旅行者はGDPRの対象となる。第3条に戻って、EU加盟国の旅行者や外国人のようなEU市民は、非EU国にあってもGDPRによって保護された「データ対象」とみなされます。


Q. 本当に罰則は適応されるのか?

A. 断定的にはわかりません。 しかし、日本でもプライバシー意識が以前とは比較にならないほど強く成っています。パブリックの監視カメラ映像が悪用された場合の責任は重大です。日本人はそんなことをしないという前提の運営は危険だと言えます。


Q. 動的プライバシーマスキングで実際に事故が発生した場合もどうやってターゲットを特定するのか?

A. 動的プライバシーマスキングは元映像を一切オーバライド(上書き)しません、あくまでも画像分析からのメタデータに基づいてマスキングします。 つまり、元データを見てもよい管理者がマスキングをオンオフ出来るのです。勿論、録画でも同じです。


Q. 全てのカメラ映像に必要なのか?

A. 断言できませんが、あくまでも特定のアクセス権に関係の無いパブリックスペースの映像と考えます。例えばホテル、デパート等は全てがパブリックスペースになるかと思います。


Q. 導入するコスト感は?

A. Genetec Security CenterのPro Enterprise導入済みの場合は負荷に応じたサーバーの追加が必要です。1カメラのライセンス価格は28,750円(2018年6月 価格は予告なく変更する場合があります。)

上記以外の場合でIntelプロセッサで運用中のサーバーを再利用してGenetec Security CenterのPro Enterpriseをインストールして利用する事もサポート可能です。


Q. 38台のカメラをWindowsサーバーでMilestoneで運用しています。 モニター端末は3台です。概算費用はどのぐらいでしょうか? プライバシーマスクは4台を想定しています。

A. 首都圏の場合でオンサイト2日間で概算230万程度になるかと思います。一年間のリモートサポートが付与されます。(Teamviewerによるアクセス) これとは別にサーバー1台の追加で概算28万程度が必要と思います。 明細は下記フォームからお問い合わせください。 明細の場合はお客様の詳細情報が必要となります。

ご質問、ご相談なんなりと

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

貴方の求めるソリューション必ず見つかります。お気軽ご相談ください。 

                        クロイ   ハクイ

フリーダイヤル 0120-961-891 (黒い-白衣)